ブログ

水素水の作り方

ここまでは、水素水の効能と活性酸素の関係性についてご説明させていただきました。では、実際に水素水はどのように作られるのでしょうか?

 

水素水とは簡単に言うと水素を含んだ水ということになりますが、炭酸水のように気体の水素が水中に溶け出してできたものではありません。

水素水中に存在する水素は活性水素と呼ばれるもので、水に対して特殊な装置によってマイナスの電圧をかけることで発生する単原子状態のものです。

この単原子状態の水素イオンは非常に反応性が高く、体内で生成した活性酸素と反応して、水あるいは過酸化水素に還元します。

これは、みなさんが中学、あるいは高校の頃に学んだ、「還元反応」という化学反応を活かしたものです。

 

ちなみに、このような水素水の製造方法は、日本の九州のとある大学の教授が発見したものであり、この研究成果が国際的な雑誌で取り上げられて以来、注目されるようになりました。

また、水素水はこのような製造上、機能上の特徴から、還元水素水、または活性水素水と呼ばれることもあります。

現在では、日本でも水素水がより一般的なものになってきていますが、まだまだ消費者の認知が低く、水素水と謳われた偽物もたくさん存在します。

正しい物を購入できるように正しい知識を身に付けるようにしましょう。