ブログ

がん治療と水素の関係性について

%e7%99%8c%e6%b2%bb%e7%99%82突然ですが、みなさんは日本人の三大死因についてご存知でしょうか?

日本人の三大死因は、がん、心筋梗塞、肺炎と言われており、中でもがんは毎年多くの死者がでる大変重篤な難病です。

がん治療に関しては現在、放射線治療や抗がん剤投与などの方法がとられていますが、根治はなかなか難しいのが現状です。

 

このがん治療に水素が利用できるのではないかと言われています。

そもそもがんという病気の原因は体の特定の部位に悪性新生物と呼ばれる腫瘍ができることから始まります。もともと人間の細胞では、DNAの転写異常などから絶えず悪性新生物が生成されています。

しかし、体が若く代謝機能、免疫機能が高い内は、このような異物はすぐに排除されるような仕組みになっています。

ところが、年齢を重ねるにつれて、あるいはなんらかの理由で代謝機能や免疫機能に異常が生じると、異物の代謝速度が低下していき、悪性新生物として現れます。これががんの正体です。

そして、なんらかの理由の一つにあたるのが、活性酸素と言われています。

 

つまり、日常的に水素を摂取し、体内の悪玉活性酸素を取り除くことは、がんの予防に効果があるということになります。

このような水素の効果は実験的にも証明されており、がん患者に水素水を投与したところ、がんの進行を遅らせることができたという結果もでています。

水素はより健康的で快適な生活を送るための、一つの有効な手段であると言えます。