ブログ

パーキンソン病と水素の関係性について

%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%b3%e7%97%85みなさんはパーキンソン病についてご存知でしょうか?

パーキンソン病とは、高齢者に多い病気で、現在日本では1000人に1人が発症すると言われています。

この病気は、安静にしていても手足が震えるといった症状が特徴としてあり、難病指定されている病気でもあります。

これは脳の神経細胞が変性することで、ドーパミンの分泌量が減少することで発症発症すると言われています。

 

パーキンソン病につながる神経細胞の変異も、やはり活性酸素が一つの原因であると言われています。

そのため、パーキンソン病の予防や治療として、水素が注目されています。

これは実際に、マウスの臨床実験でも証明されているものであり、パーキンソン病を人為的に発症させたマウスに1週間水素水を与え続けた結果、神経脱落が抑制されたという結果がでています。

 

もちろん、現時点では人での有用性が完全に立証されているわけではありませんが、発症の初期段階での水素水の投与もしくは水素風呂による水素摂取はある程度の効果があることは実験的に証明されています。

パーキンソン病は、発症しても、その人の寿命に大きく影響を与えることはありませんが、日常生活の生活に支障のでる病です。

健康的で快活な生活を送るために水素でパーキンソン病予防を行いましょう。