ブログ

水素風呂の正しい入浴方法

%e6%b0%b4%e7%b4%a0%e9%a2%a8%e5%91%82%ef%bc%92前回は水素風呂の効能についてご紹介させていただきました。しかし、実際には「どのような方法で入浴するのが、一番効果が期待できるの?」と疑問に思った方もおられるのではないでしょうか?

そこで今回は、水素風呂の効能を最大限に引き出す、正しい入浴方法についてご紹介していこうと思います。

 

人間は実は口や鼻から呼吸をしているだけではありません。皮膚からも呼吸を行っています。ここでの呼吸というのは単に酸素を取り入れているという意味ではなく、皮膚からも体に必要な物質を取り入れる機能のことを指します。

 

一般的に、水素風呂に入浴して際に、水素が全身に行き渡るには、約7分かかると言われています。なので、水素風呂の効果を期待したいのなら、最低でも10分間程度は湯浴に浸かっている必要があります。 ここで注意したいのが、水素風呂はぬるま湯である方が、よりその効果が期待できるという点です。

 

そもそも水素の水中への溶存量には限界があります。そのため、高温のお湯になればなれほど、ただでさえ多くないお湯に含まれる水素量が減ってしまいます。そのため、水素風呂にはぬるま湯が適していると言えます。

 

さらに効果を期待した場合は、30分程度入浴することをオススメしますが、上記でご説明したように、水素の溶存量には限界があり、時間の経過と伴に水素量は減少していきます。なので、長時間の利用をご希望の方は持続性の高い水素発生機を備えた水素風呂を検討してみましょう。