ブログ

浸かるだけで大丈夫!水素が二日酔いにも効果的な理由

二日酔いai飲み会ではめをはずしてついつい飲みすぎちゃったってこと誰しもありますよね?その時は楽しくても、問題は次の日に訪れます。そうです、二日酔いです。酔っぱらった次の日には、前日の楽しさも忘れてしまうほどの頭痛が襲ってくるという方も中にはおられるのではないでしょうか?

 

実は、水素風呂に浸かることは二日酔いにも効果があります。今回は、水素が二日酔いに効くメカニズムについてご紹介致します。 お酒が体内に取り込まれると、アルコールは肝臓に運ばれ、アセトアルデヒドを経て、二酸化炭素と水に分解されます。実はこの分解過程には多くの酵素が関与しており、中でもアセトアルデヒドの分解に関わるアセトアルデヒド分解酵素は非常に重要な役割を担っています。

 

それはどういうことかというと、実はこの分解中間物質であるアセトアルデヒドは人体にとって非常に有害な物質で、体内に残留すると、吐き気や頭痛などの症状を引き起こします。特に、日本人はこのアセトアルデヒド分解酵素の働きが弱く、簡単に二日酔いになってしまいます。

 

水素は体内でアセトアルデヒド分解酵素の分泌を促進する効果があることがわかっています。そのため、飲み過ぎた日には水素水を飲んでおくと、次の日には体内のアセトアルデヒドが分解されています。

 

また、水素風呂に10分以上入浴しておくことで、体内に効率的に水素が取り込まれ、アセトアルデヒドの分解を促してくれます。 いかがでしょうか?つらい二日酔いでお悩みの方はぜひ一度、水素を試してみてください。