ブログ

水素水に関連してよく耳にする「ナノバブル」とは?

ナノサイズみなさんは「ナノバブル」という言葉をご存知でしょうか?ナノバブルとは、水中に溶解する水素の気泡「バブル」を、特殊な技術によって極小「ナノ」レベルまで小さくしたものを指します。ナノバブルという言葉自体は水素水に関する広告などで耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、実際の水素水に関連した意味について詳しく理解している方は少ないのではないでしょうか?今回はそんなナノバブルについてご紹介致します。

 

数学の小数点以下の単位を表す「ナノ」は数字にして、100億分の1を示す単位であるため、ナノバブルは100万分の1mmの大きさを持つ泡であるということになります。

 

ナノバブルは、各学問領域毎に微妙な意味の違いはあれど、ほとんどが1µm以下の気泡であるとされています。このように、ナノバブルは極めて小さい気泡であるため、肉眼で見ても、ナノバブルを含む水は、ただの透明な水に見えます。

 

ナノバブル技術によって、水中に豊富な水素を溶け込ませたのが、ナノバブル水素水です。通常、水素は水に難溶な気体なのですが、ナノレベルの気泡にすると、気泡の周りにイオンの膜が形成され、水中に留まることができるようになります。

 

この技術を用いると、通常の溶存限界よりも多くの水素を水中に保持させることができます。ナノバブル水素水を摂取したり、ナノバブル水素風呂に入浴すると、通常より多くの水素を体に受けることができるため、水素の体内への浸透力が高まると言われています。

 

興味のある方はぜひ、ナノバブル水素水を試してみてはいかがでしょうか?