ブログ

アルコールが活性酸素発生の原因に?水素で健康的な生活を!

アルコール

これまで、活性酸素がさまざまな病気や老化の原因になるメカニズムをご説明させていただきました。

この活性酸素は普段の生活でも絶えず体の中で生成されているものです。

もちろん、活性酸素にも、外部から侵入してくる菌やウィルスから体を守るという立派な役割がありますが、過剰に生成されてしまうと、逆に体に害をなすものになってしまいます。

 

活性酸素の過剰生成の代表的な原因が、紫外線照射です。

日光に含まれる紫外線を大量に浴びると体が危険にさらされていると勘違いして、活性酸素を過剰に生成してしまうのです。

 

一方で、紫外線以外にも過剰な活性酸素生成の原因となるものがあります。

その代表格がアルコール摂取です。アルコールも過剰に摂取してしまうと活性酸素生成の原因になってしまいます。

そこで、今回はアルコール摂取から活性酸素生成に至るメカニズムについてご紹介していきたいと思います。 お酒に含まれるアルコールであるエタノールは体内に吸収されると、肝臓に運ばれ、分解されます。この分解に関わるのが、アルコール分解酵素と呼ばれる酵素なのですが、この酵素を生産するには多量のエネルギーを必要とします。活性酸素は、エネルギーとして酸素を用いた場合に生成する副生成物ですので、多量のアルコール摂取は体内で過剰な活性酸素を生み出してしまいます。 水素風呂は活性酸素除去に非常に効果的です。普段から仕事でよくお酒を飲むという方は、一度水素浴の効果を実感してみてください。効き目抜群間違いなしです。