ブログ

喫煙が活性酸素発生の原因に?水素で健康的な生活を!

smoke

前回はアルコール摂取が活性酸素の過剰発生の原因だとお伝えしました。一方で、活性酸素を発生させるリスクファクターは他にもあります。

もう一つの代表的なリスクファクターが喫煙です。

そこで、今回は喫煙が活性酸素を発生させるメカニズムについて説明させていただきます。

 

喫煙というと多くの方があまり良い印象をお持ちでないかと思います。

しかし、喫煙が精神面に与える影響は大きく、それがストレス発散になることで、普段の仕事や勉強が効率的に進むという方も少なくないのではないでしょうか?

ただ、やはり喫煙は多くの病気のリスクファクターとなることは事実です。

 

がんを始め、心筋梗塞や狭心症など様々な病気の原因の一つとなっています。

これらの病気にも活性酸素が関係しています。

では、喫煙からどのようにして活性酸素が発生するのでしょうか?

 

タバコには、タールやニコチンなどの多くの有害物質が含まれています。

タールが肺に付着すると肺細胞を攻撃し、細胞が脱落します。この脱落した細胞は異物と認識され、マクロファージという細胞によって排除されます。

マクロファージは異物の消化と同時に活性酸素の元となるスーパーオキサイドラジカルを発生します。

これが活性酸素の過剰発生につながるのです。 水素は体に発生した活性酸素を効率的に排除するものとして注目を集めています。もし、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか?