ブログ

ラジカル連鎖反応ってご存知ですか?

images

活性酸素には善玉活性酸素と悪玉活性酸素が存在し、悪玉活性酸素が体の中で悪さをするという話は前回ご説明させていただいたと思います。

このように活性酸素と一口に言っても、その種類は様々でその酸化力も種類によって異なります。

この酸化力というのが、今回のキーワードになります。

 

そもそも、なんで酸化力があるものが体の中にあると体に悪いのでしょうか?

人間の体は、基本的に糖質、タンパク質、脂質で構成されています。

タンパク質は体の酵素や筋肉を作る働きをし、糖はエネルギーとして体温を保ったり、運動時に筋肉を動かす役割を果たします。

 

一方、脂質は貯蔵エネルギーとして体に蓄えられる他、体を構成する細胞の細胞膜の主要な構成成分として利用されます。

実は、活性酸素の攻撃のターゲットとなるのは、脂質です。体内に活性酸素のような強力な酸化力を持つ物質が生成されると細胞膜中に存在する脂質が酸化して過酸化脂質となります。

 

この過酸化脂質は非常に毒性が高く、細胞損傷や細胞傷害を引き起こします。 問題はこれだけではありません。

過酸化脂質の厄介なところは、これ自身も酸化力を有することです。なので、一度過酸化脂質生成すると、この過酸化脂質が近くに存在する脂質を酸化して、新たに過酸化脂質を生成し、連鎖的に過酸化脂質が増えていきます。

 

これをラジカル連鎖反応と言います。

水素は、ラジカル連鎖反応を引き起す活性酸素を除去するのに非常に有効な還元物質です。

気になる方は一度、水素風呂・水素カプセルの効果を実感してみてください。