ブログ

水素と併用すると良い抗酸化物質とは?~Part2~

水素

前回は水素と同様の効果を発揮する抗酸化物質についてご紹介致しました。

今回はこういった抗酸化物質と水素との違いについてご紹介致します。

 

前回もご説明させていただいたように、抗酸化物質は基本的には食事を通して体内に摂取されますが、このように摂取されたものは例外なく、体内で消化され、体に吸収されていきます。

体に吸収されていくには、こういった体内での消化が必要不可欠であり、摂取時のそのままの状態で体内に入っていくものは限られており、こういったものは吸収効率も低いという特徴があります。

 

実は、抗酸化物質は体内への吸収効率が低いという欠点があります。

抗酸化物質は、植物が、自身に感染する細菌や微生物に対する防衛機能として発達させてきたという経緯があります。

 

そのため、人間にとっても、大量に摂取しすぎると体調を壊す原因になる場合もあります。 一方で、活性水素は、最も原子半径の小さな水素でできており、体内に自由に吸収されます。

 

また、脳内などの抗酸化物質が吸収されにくいような場所にも入っていくことができます。 水素は、抗酸化物質などの往来の活性酸素に対する活性成分とは性質的に一線を画すものです。

 

もちろん、食事によって体の調子を整えることも非常に重要ですが、これに水素を併用することでより健康な体を作ることが期待されています。