ブログ

水素でアレルギーを軽減しましょう!

617053

現代のほとんど方が、何らかの形で持っているアレルギー。

これは、人によっては、落花生や甲殻類などの食物に反応したり、花粉などの外部物質に反応したりします。

 

大抵は、かゆくなったり、少し炎症を起こす程度ですが、重度の場合は命に関わることもあります。

実は、このアレルギーにも活性酸素が深く関係しており、アレルギーを水素で抑制することができます。

 

今回はこのアレルギー反応が起こるメカニズムをご紹介致します。

そもそもアレルギー反応とは、実は体の防衛反応の一種なのです。

 

アレルゲンとして体内に侵入してくる物質に対して、体の免疫系が過剰に反応し、自身の体にも影響を与えてしまいます。

アレルゲンが体に侵入すると、体の中のB細胞がアレルゲンに対する抗体を作成します。

 

 

抗体は肥満細胞などの表面に付着して、抗原、つまりアレルゲンと結合します。

この結合を察知した肥満細胞は防衛反応としてヒスタミンなどの特殊なたんぱく質を放出します。

 

このたんぱく質が炎症を起こす原因物質とされています。

ヒスタミンが作用した場所では、活性酸素が多く発生します。

 

実は、活性酸素には免疫反応を促進する作用があり、この作用によってさらに炎症が悪化していきます。

水素がアレルギー予防に効果あるというのは、過剰な免疫反応による活性酸素の発生を未然に防いでくれるからです。

もし、重度のアレルギーでお悩みの方は一度、水素の効能を実感してみてはいかがでしょうか?