ブログ

水素には副作用はあるの?水素の安全性

水素

活性酸素は、通常はその酸化力で、細菌やウィルスなどの外敵から体を守ってくれるものです。しかし、この活性酸素が大量に発生してしまうと、通常の攻撃対象以外の細胞にも攻撃を開始してしまい体に様々な疾患を誘発してしまいます。

 

水素は、この活性酸素を直接的に還元し、無害な水に変えてくれるものとして、最近特に美容や健康の領域で注目されています。しかし、そんな有害な活性酸素を無害なものに変えてくれるものが、それ自体は体に無害なものなのでしょうか?今回は、気になる水素の副作用についてご説明していこうと思います。

 

水素自体は、非常に微細な分子で、無味・無臭の体に無害な物質であると考えられています。これは、一研究結果から導き出されているものではなく、複数の実権を総合的に判断した結果、厚生労働省が食品添加物として認可していることからもお分かりいただけるかと思います。

 

水素が反応するのは、悪玉活性酸素と言われる、有害な活性酸素ですが、この悪玉活性酸素が水素と反応しても、最終的にできるのは水であり、容易に体外に排出されると言われています。

 

このように水素は基本的に人体にとって無害なものですが、まれにお腹が緩くなる場合があるようなので、その場合は医者に相談するなどして対策をしていきましょう。