ブログ

水素の効能は学術記事で証明されています!

腸内細菌

医療技術が発達した現代においては、病気を発症した後に、薬を処方したり、手術を行うといった対処療法医療は限界にきており、その技術進化は頭打ちになりつつあります。その一方で、病気を発症する前に食い止める、予防医療に注目が集まっており、食生活や食環境にメスを入れるような研究が求められています。

 

水素のこのような予防医療の考えに基づくものの一つです。活性酸素と反応し、無毒化する効果が注目されており、多くの研究成果が発表されています。しかし、水素は悪徳商売に利用されることも多く、未だに多くの方が、その効果について疑問を持っているのが現状です。そこで、今回は、最近になって発表された水素の学術記事についてご紹介させていただこうと思います。

 

水素に関する学術発表は、ますます多くなっており、その効果は最早疑いようのないものになっています。最近発表されたものでいうと、身体の体調を整えてくれる腸内細菌も実は水素を発生しているようです。これは、腸内細菌の人の身体に対する効果にさらなる示唆を与えるものでした。

 

また、水素が胃にあることで神経保護成分であるグレリンの分泌が促進されるという研究も発表されています。これは、水素の効果をさらに具体的示すものでした。

このように、水素に関する研究は日々進歩しており、その効能については、まだまだ解明されていないものがたくさんあると予想できます。全容が解明されるまでに、利用しないのはもったいないと言わざるを得ません。健康に対して、何かしていきたいと思っている方は、一度水素を試してみてはいかがでしょうか?