ブログ

水素の摂取のしすぎは実は体に悪いのか?!

こういったことを書いた記事がもしかしたあるかもしれませんが。

心配いりません「水素」を取りすぎても問題にはなりません。

 

しかし、「水」を取りすぎることで体に生じる問題というのは意外とあります。

「水毒」という言葉がある通り、水の大量摂取は非常に危険なものであり、体に悪い症状が出しまう場合もあります。

どういった症状が出るのかというと、むくみ、ひえ、倦怠感、めまいが挙げられています。

ですので水の取りすぎはやめましょう。

 

では一回当たりどのくらいの量の水素濃度があるといいのでしょうか?

1.0ppm以上の水素濃度で300ml~500mlの水素を含んだもの取り入れることが効率が良いみたいです。

ppmとはppmは100万分の1の値です。

ですので企業側が大きな数字を用いていても実はさほど割合にすると大きくない場合もありますのでお気を付けください。

 

いかがでしたか?

水素を用いた健康グッズは様々あります。

体の状態や症状によって水素を摂取したほうがいい量は変わってきます。

そこで「水素」を摂取することは良いことですが、「水」を摂取するときは十分「水の量」に注意して下さい。

また商品に表示されている大きな数字などに騙されずに、水素の割合を考えましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。